チョコレートは犬にとって猛毒!絶対に食べさせてはいけません ※食べさせてしまった時の対処法

   

チョコレートは犬にとっては猛毒です。
絶対に与えないようにするほか、犬が届くところに置かないようにも注意しましょう。
もし食べてしまった時の対処法をまとめました。

中毒症状は出ていますか?

チョコレート中毒
チョコレート中毒で多い症状は、嘔吐や下痢です。
他には、興奮する、息が荒くなる、発熱、不整脈、震え、痙攣、重い症状は、血尿がでたり意識がなくなって、死に至ることもあります。

チョコレートを食べて何か少しでも異変があったら、すぐに病院に連れて行きましょう。
事情を話せば順番を待たずに診てもらえることも多いので、受付でチョコレートを食べた量や時間、症状等をしっかり伝えましょう。

どれくらいの量を食べましたか?

チョコレートのカカオの含有量が多いものほど危険です。
つまり、ミルクチョコレートよりもビターチョコレートが危険です。

1枚50gの板チョコを体重5kgの小型犬が食べた場合を見てみましょう。
ミルクチョコレートだと、1枚弱で中毒症状、4枚半が致死量です。
ブラックチョコレートなら、3/1枚で中毒症状、2枚が致死量です。

20kgの大型犬だと、ミルクなら3枚半、ブラックなら1枚半くらいまでは、中毒症状は出ないと考えられます。

因みにホワイトチョコレートはカカオはほとんど含んでいないので、板チョコ数十枚とか食べていなければ大丈夫です。

これを見る限り、小さいチョコレートなら大丈夫に見えますが、これらの数字は目安です。
犬の体質や健康状態によってはもっと少ない量でも危険なことはあります。
食べてしまったことに気づいたら、念のため病院に連れて行くことをオススメします。

また、少ない量なら与えてもいいというわけではありません。
味や匂いを覚えると、うっかり置き忘れた板チョコを食べてしまったり、いつもは興味を示さない場所でも、匂いで探って見つけてしまうこともあり得ます。

チョコレートは犬にとっては猛毒なので、絶対に与えないでください!

病院に行けない場合の対処法

すぐに病院に行くのがベストですが、夜間や休日は時間がかかってしまうことがあります。
念のために、夜間救急や休日にも対応してくれる動物病院はチェックしておきましょう。

チョコレートを食べて1時間以内であれば、まだ吐かせることができます。
塩を食べさせると水をたくさん飲むので、吐き出せる可能性があります。

ただし塩分の摂りすぎはよくないし、あくまで病院に行けない時の応急措置と考えてください。

犬 薬 通販TOP

下記の記事もよく読まれています。

栄養バランス抜群!さつまいもは犬にとっても健康食です

犬はさつまいもを食べても大丈夫です。 さつまいもが好きな犬は多いし、栄養も豊富なのでオススメの食材です。 さつまいもの与え方や…

雨の日でも散歩に出たがる犬 連れて行くべき?やめるべき?

雨の日の散歩は犬が散歩に出たがってるかどうかを見て判断しましょう。 犬が行きたがったら連れて行ってもいいし、嫌がるなら無理に行…

犬を簡単に飼わないで!1人暮らしで犬を飼うには相当な苦労と生活の制限が発生します

一人暮らしで犬を飼うと、癒しになるし生き甲斐にもなります。 ただ、飼えないということはありませんが、一人暮らしならではの苦労も…

チーズを上げるなら犬用チーズ!食用チーズに含まれる塩分は犬にとって脅威です

人間用のチーズでしたら、少量であれば大丈夫です。 ただ、チーズにも色々あるので種類によっても違ってきます。 犬にチーズを与える…

これからチワワを飼おうと思ってる人は必読! チワワの基礎知識

チワワはメキシコ原産の小型犬で、「世界一小さい犬種」として知られています。 日本ではとても人気のある犬種ですが、飼うときの注意…

犬に与えるのにオススメの野菜は大根!消化器系の働きを助けます

大根は低カロリーで栄養もあるので、犬にもオススメの野菜です。 与え方の注意点などをまとめました。 白い根の部分は生のまま 大根…

人と同じようにつらい犬の夏バテ しっかりと予防しよう

犬も夏バテします。 夏場に食欲がなくなったり、体調を崩したときは夏バテのことが多いです。 また、夏バテがひどくなると熱中症にも…

犬の水分補給にピッタリ!犬にきゅうりをあげてみよう

犬はきゅうりは食べても大丈夫です。 特に害はないので、体調に変化がなければ心配する必要はありません。 水分補給にはピッタリ き…

犬にイチゴは食べさせ過ぎると問題!でも、少量であれば良い水分補給になる

犬はイチゴを食べても大丈夫です。 ただし、食べすぎると良くないので量を守って与えましょう。 イチゴを与える時の注意点などについ…

飼い主が気付かないと大事に至る事も!犬のアレルギーについて考える

もちろん、犬にもアレルギーはあります。 人間と同じように、食べ物や花粉でアレルギーの症状が出ることがあります。 ここでは犬の食…

暑い日は涼しい環境を心掛けよう!犬の熱中症の症状と予防方法は?

犬も人間と同じように熱中症になります。 夏の高温多湿の環境には注意が必要です。 熱中症の予防法などについてまとめました。 犬の…

以外とデリケートな犬のおもちゃ選び どんな事に気をつけたら良い?

犬のおもちゃにはいろいろな種類があります。 ここでは主に室内用のおもちゃ選びや注意点についてまとめました。 おもちゃ選びは意外…

© 2017 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
Powered By NMS SERVICES CO., LTD
61 Praed Street, Dept400,London,England,W2INS

決済に関するお問い合わせは0345238753までお願いします