犬の心房中隔欠損症

心房中隔欠損症とは、心臓の左心房と右心房の間にある中隔という壁に生まれつき卵円孔という穴が開いている病気です。

【症状】卵円孔が小さければ無症状、大きくなってくると咳や呼吸困難が現れる

卵円孔が小さければ症状がないため気づくことはほとんどありません。

卵円孔が大きくなってくると心臓や肺に負担がかかり様々な症状が現れるようになります。
疲れやすかったり元気がなくなり運動や散歩を嫌がるようになります。
重症化すると呼吸困難になったり、酸欠を起こして失神することもあります。

肺高血圧症や肺うっ血、右心室不全の引き金ともなるため注意が必要です。

心中隔欠損症を患っている犬がフィラリア症になると、フィラリア虫が卵円孔を通って心房内を移動し、体内のどこかの血管を詰まらせる危険があります。
そうすると詰まった先の血流が遮断されてしまうため命を落とす危険もあります。

【原因】卵円孔が開いたまま成長することが原因

胎児期には左心房と右心房の間にある中隔に卵円孔が開いおり、血液循環に関わる大きな役割を果たしています。
通常なら生まれる前に卵円孔が閉じて壁を形成しますが、それが十分に発達せずに開いたまま成長するのが心中隔欠損症です。

オールドイングリッシュシープドッグ、ドーベルマン、ボクサー、サモエドに多く見られます。

【治療】軽度なら経過観察、進行すると手術で卵円孔を塞ぐ

レントゲン検査、心エコー検査、触診、聴診で心臓の血液の流れを把握します。

症状があまり見られないような軽い物であれば、治療は必要なく経過観察になります。
その際には運動を制限します。

症状が進行している場合は、肺動脈に特殊なテープを巻き肺への血液量を制限する治療を行いますが、根治することはできません。

根治させるには外科手術で卵円孔を塞がなければなりません。
また強心剤や利尿薬を投与していきます。

肺高血圧症や心不全を併発していたりして、手術ができない場合は内科的治療のみが行われます。

【予防】予防は出来ない、フィラリア予防を徹底的に行う

心房中隔欠損症は先天性の病気なので予防することはできません。
そのため早期発見、早期治療ができるようにすることが大切です。

咳があったり元気がないような気になる症状が見られるなら早めに受診しましょう。

また、心房中隔欠損症の犬はフィラリア症を併発すると死に至る危険があります。
そのためフィラリアを媒介する蚊のいる時期はフィラリア予防を徹底的に行うようにしましょう。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の認知症(痴呆/認知機能障害/認知障害症候群)

人間と同じように犬でも認知症が問題になってきています。 高齢化に伴って生じる脳の変化が原因で説明のつかない異常な行動を起こすこ…

犬の乳腺炎

乳腺炎とは、乳腺組織に炎症がみられるものを指します。 多くは乳頭口から乳腺に細菌が混入して生じます。 【症状】腫れやしこり、黄…

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

【症状】下アゴの腫れに気付いて獣医師の元へ駆け込むことが多いです 悪性リンパ腫は体のどのリンパが腫瘍化するかによって症状が違い…

犬の椎間板ヘルニア

【症状】激しい痛みにより、動かずじっとしています 椎間板とは頚椎から尾椎の椎骨と椎骨のあいだに存在し、椎骨を連結する役割を果た…

犬の水頭症

水頭症とは頭蓋骨が大きく骨が薄い犬種、短頭種、小型犬に多く発症する脳の病気です。 チワワ、トイプードル、ミニチュアダックスフン…

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

【症状】大量に水を飲み、オシッコが増える。食べるのに痩せていく 症状としては水を大量に飲み、オシッコの回数も量も増える。 エサ…

犬の拡張型心筋症

犬がかかる拡張型心筋症とは、心臓の筋肉である心筋に何らかの異常が起こり、心臓の働きが弱くなってしまう病気です。 心臓が肥大した…

犬の股関節形成不全(股関節形成異常)

股関節形成不全とは、太ももの骨と骨盤とを結合する股関節がうまく作られず形が異常になってしまう、発育や成長の異常です。 この病気…

犬の心室中隔欠損症

心室中隔欠損症は先天性心奇形の中で最も頻度の高いものと言われています。 心室中隔欠損症が肺の病気や発達障害を引き起こす危険もあ…

犬の腎不全

腎臓は血液から老廃物を除去したり、尿を形成したり、ホルモンの分泌を行う臓器です。 腎臓が壊れその機能が75%以上失われた状態を…

犬の腸閉塞

【症状】軽度では食欲不振、重症だと嘔吐や衰弱 腸閉塞は別名「イレウス」ともよばれ、閉塞部位と閉塞の程度(完全閉塞・不完全閉塞)…

犬の熱中症(熱射病、日射病)

【症状】体温の上昇、パンティングが起こる 熱中症の症状には、息が荒くなる、ぐったりする、尿・便の失禁がみられます。 体温が41…

犬のてんかん

【症状】全身、身体の一部に痙攣や発作をおこす てんかんとは脳の神経系統が何らかの原因で興奮状態となり、体の制御ができなくなる病…

犬のライム病

【症状】感染しても95%は無症状。症状が出ればあちこちの関節が腫れてきます ライム病に感染しても症状を表すのはごく一部の犬で、…

犬の僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜん)とは、心臓の弁が変形したり弁を動かしている腱が弱ったりして弁がうまく閉まらなくなっ…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬のネフローゼ症候群

【症状】初期は無症状だが進行すると全身のむくみと腹水でお腹が膨れる 初期の段階では高タンパクの尿のほかには特に症状は見受けられ…

犬の回虫症

【症状】子犬の下痢や嘔吐に太鼓腹のようなお腹の膨らみ 子犬の間に感染し発症することが多い病気です。 下痢や嘔吐が見られ発育が遅…

犬の肺水腫

肺の中に大量の液体がたまり、ガスの交換が妨げられている状態を肺水腫といいます。 肺は血液に酸素を送り二酸化炭素を取り出すための…

犬のフィラリア症(犬糸状虫症)

【症状】感染から発症までは長いが急性の場合はただちに動物病院へ フィラリアという寄生虫の感染によって起こる病気ですが、感染初期…

犬の膵炎(すい炎、膵臓炎、すい臓炎)

膵臓とは胃の背中側にある細長くて平ぺったい臓器で、唾液を出したり血糖値を上下させるなどの働きを持つホルモンを分泌する機能を持っ…

犬の糸球体腎炎

糸球体腎炎とは、腎臓内部の糸球体が炎症を起こしている状態のことを指します。 糸球体とは毛細血管の塊で血液をろ過する役割をしてい…

犬の甲状腺機能低下症

甲状腺とは全身の細胞に作用して、エネルギー、タンパク、ビタミンなどの代謝に関わる働きをしています。 甲状腺から分泌される甲状腺…

犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)

【症状】下痢や嘔吐のほか急性の場合は呼吸困難やショック状態にも この病気は副腎から分泌される副腎皮質ホルモンの量が低下すること…

犬の肝臓がん

犬の肝臓がんは、かなり頻繁に起こる病気ですが発見した時には手遅れで、命を奪ってしまうケースが多い恐ろしい病気です。 【症状】初…

犬のバベシア症

【症状】40度以上の高熱や黄疸、血尿も。肝臓や腎臓に影響が出ることもあります バベシア症に感染すると40度以上の高熱や、息が早…

犬のコクシジウム症

【症状】子犬で発症しひどい下痢や血が混じることもあります 成犬の場合は症状が現れることはほとんどありません。 主に子犬の場合に…

犬の気管虚脱

気管とは、のどと肺を結ぶ器官で、呼吸しやすいように筒状の形をしています。 気管虚脱になると気管が押しつぶされ空気の通り道が狭く…

犬の尿毒症

腎臓の昨日は、体に不必要となった老廃物や毒素を尿として排出するほか、骨の代謝・造血・体液の平衡状態の維持などがあります。 腎臓…

犬の変形性骨関節症(DJD)

【症状】歩行異様から運動制限など 変形性骨関節症は初期症状として、歩行などの動くことを嫌がる、跛行、着地不能などの歩様異常を示…

犬の臍ヘルニア(さいヘルニア)

臍ヘルニアとは、いわゆる出べそのことです。 へその部分からお腹の脂肪や内臓の一部が飛び出てきているものを臍ヘルニアと呼びます。…

犬の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

広義的には、薬剤誘発性溶血性貧血と同種免疫性溶血性貧血も含みますが、一般的には、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれていた病気を指しま…

犬の脳腫瘍

脳腫瘍は、脳から発生した原発性脳腫瘍か、がん細胞が脳に転移して発生する転移性脳腫瘍にわけられます。 7歳以上に発生することが多…

犬のコロナウイルス感染症(コロナウイルス性腸炎)

犬コロナウイルス感染症とは、犬コロナウイルスに感染することで引き起こされる感染症のことです。 消化管に感染し下痢や嘔吐などの症…

犬の狂犬病

狂犬病はほぼすべての哺乳類が感染し得る病気で、発症するとほぼ100%死に至ります。 【症状】行動面や性格が変化する 狂犬病に感…

© 2018 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
Powered By NMS SERVICES CO., LTD
61 Praed Street, Dept400,London,England,W2INS

決済に関するお問い合わせは0345238753までお願いします