犬の気管虚脱

気管とは、のどと肺を結ぶ器官で、呼吸しやすいように筒状の形をしています。
気管虚脱になると気管が押しつぶされ空気の通り道が狭くなってしまうので、正常に空気を吸ったり吐いたりなどができなくなります。
治療が遅くなると失神して倒れたり、肺や脳に障害を残してしまうこともあります。

【症状】特徴的な咳

初めは、特徴のある乾いた咳をするようになります。
ですが軽い咳でも実は悪化している状態であることも少なくないので注意しなければなりません。
咳はガチョウが鳴くような特徴のある咳です。

興奮した時や運動中、散歩中に首輪を引っ張るなど頸部が圧迫されたときに咳が出やすいと言われています。

また、寒い時期より呼吸器や心臓に負担のかかる暑い時期に起こりやすく、再発もしやすいです。
ひどくなると呼吸困難になり舌が青紫になるチアノーゼが現れるようになります。
気管虚脱はトイプードル、ポメラニアン、マルチーズ、チワワ、ヨークシャーテリアなどの小型犬に多く見られると言われていますが、ラブラドール・レトリーバーやゴールデンレトリーバーといった大型犬にも見られます。

【原因】遺伝、肥満、犬種など様々

気管に先天的な異常があったり軟骨が弱いなどの遺伝が要因となることがあります。
また肥満だと脂肪により気管が圧迫され気管の変形を促すことも分かっています。

ほかにも老化により気管周辺の筋肉が低下することや、小型犬や短頭種といった気管虚脱になりやすい犬種であるという問題もあります。

心臓に疾患があったり慢性的な気管支炎などの病気を患っていると、それによる咳や過呼吸が原因となり、気管が弱くなり変形してしまい気管虚脱を起こしてしまうこともあります。

【治療】気管虚脱の主な治療法

触診により気管虚脱の部位を確認します。
そしてレントゲン検査をし気管部分の太さを確かめます。

症状が軽いうちは、症状を抑えるために咳止めや抗炎症薬、気管拡張剤などの薬を投与します。
酸素が不足している状態なら酸素吸入をします。

症状が重い場合、C型ステントとよばれる人工の気管軟骨を埋め込む手術をすることもあるようですが、最近は医学が進歩し、光ファイバー用のアクリル材を用いた手術を行う医師もみえるようです。

【予防】食べ過ぎによる肥満・運動不足に注意

気管虚脱の原因の一つである肥満を予防し、適正な体重を維持するようにします。

咳が出やすくなるような状況に気をつけることも必要です。
適度な運動は勧められていますが、咳が出やすくなる激しい運動を避けることや過度に興奮させないようにすることなどを注意しなければなりません。
頸部を圧迫しないために、首輪よりハーネスを活用すると良いでしょう。

高温多湿の状態は咳が出やすいため、家の中の温度を適温に調整することや涼しい時間帯に外出するようにしましょう。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の鼻炎

鼻炎は、鼻腔内に発生した炎症のことで、その原因は様々です。 基本的な症状は、くしゃみや鼻水で、鼻と眼をつなぐ鼻涙管をつまらせる…

犬の胃拡張・胃捻転症候群

【症状】えずいたり腹部が膨れだしたらすぐに動物病院へ 一刻を争う病気です 胃捻転・胃拡張症候群はGDVとも呼ばれる急性の病気で…

犬のフィラリア症(犬糸状虫症)

【症状】感染から発症までは長いが急性の場合はただちに動物病院へ フィラリアという寄生虫の感染によって起こる病気ですが、感染初期…

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症とは犬ジステンパーに感染することにより発症する、死亡率と伝染性の高い病気です。 感染すると1週間ほ…

犬の肺水腫

肺の中に大量の液体がたまり、ガスの交換が妨げられている状態を肺水腫といいます。 肺は血液に酸素を送り二酸化炭素を取り出すための…

犬の心室中隔欠損症

心室中隔欠損症は先天性心奇形の中で最も頻度の高いものと言われています。 心室中隔欠損症が肺の病気や発達障害を引き起こす危険もあ…

犬の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

広義的には、薬剤誘発性溶血性貧血と同種免疫性溶血性貧血も含みますが、一般的には、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれていた病気を指しま…

犬の熱中症(熱射病、日射病)

【症状】体温の上昇、パンティングが起こる 熱中症の症状には、息が荒くなる、ぐったりする、尿・便の失禁がみられます。 体温が41…

犬の心房中隔欠損症

心房中隔欠損症とは、心臓の左心房と右心房の間にある中隔という壁に生まれつき卵円孔という穴が開いている病気です。 【症状】卵円孔…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬の肝臓がん

犬の肝臓がんは、かなり頻繁に起こる病気ですが発見した時には手遅れで、命を奪ってしまうケースが多い恐ろしい病気です。 【症状】初…

犬のトキソプラズマ症

【症状】無症状の場合が多いが妊娠していると流産の危険性も 一般的には感染しても無症状のままが多いのですが、発熱や筋肉痛と言った…

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

【症状】下アゴの腫れに気付いて獣医師の元へ駆け込むことが多いです 悪性リンパ腫は体のどのリンパが腫瘍化するかによって症状が違い…

犬の僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜん)とは、心臓の弁が変形したり弁を動かしている腱が弱ったりして弁がうまく閉まらなくなっ…

犬の拡張型心筋症

犬がかかる拡張型心筋症とは、心臓の筋肉である心筋に何らかの異常が起こり、心臓の働きが弱くなってしまう病気です。 心臓が肥大した…

犬の副鼻腔炎

鼻腔周辺の骨に囲まれた空洞部を副鼻腔といいます。 鼻炎と同じような症状を示しますが、鼻炎より治療が困難で、完治が難しい疾患です…

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)

【症状】咳が多い程度だけど、他の感染症と一緒だと重症化することもあります 急に発熱や咳が出て長く続き人間の風邪とよく似た症状で…

© 2018 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
Powered By NMS SERVICES CO., LTD
61 Praed Street, Dept400,London,England,W2INS

決済に関するお問い合わせは0345238753までお願いします