犬の鼻炎

鼻炎は、鼻腔内に発生した炎症のことで、その原因は様々です。

基本的な症状は、くしゃみや鼻水で、鼻と眼をつなぐ鼻涙管をつまらせると、目やにの発生も起こります。

【症状】くしゃみと鼻水がでて、口で呼吸をするようになる

鼻炎の主な症状は、くしゃみと鼻水です。

くしゃみと鼻水は、鼻腔や副鼻腔に侵入した微生物に対する防御システムです。

鼻汁が多くなると、鼻腔がつまり、鼻呼吸が出来なくなり口で呼吸するようになります。

鼻炎は鼻涙管を詰まらせやすく、その結果目やにが見られるようになります。

水のようなさらさらした鼻汁が出ているときは、アレルギー性鼻炎やウイルス感染の初期症状であることが多いです。

黄色や緑色のドロっとした膿のような鼻汁が出ているときは、細菌性化膿性鼻炎、ウイルスの感染(犬ジステンパーウイルス、カリシウイルスなど)、腫瘍、真菌性鼻炎(アスペルギルス、クリプトコッカスなど)、異物、歯牙疾患によって起こる鼻炎が考えられます。

【原因】アレルギー性やウイルス性、細菌性、真菌性、腫瘍など

鼻腔や副鼻腔にウイルスや細菌、真菌あるいは異物が侵入した場合に炎症が起こります。

この他、口蓋裂や歯根部疾患などの口腔内疾患が原因として考えられます。

アレルギー性の鼻炎もあります。

【治療】抗生物質の投与や、原因である疾患の治療

腫瘍が原因でない鼻炎であれば、広域スペクトルをもつ抗生物質の投与を行います。

さらに消炎剤を併せて投与します。

鼻炎の原因となる疾患がある場合には、その治療を行う必要があります。

アレルギー性の鼻炎では、ステロイド製剤の投与によりほとんどの症状は治まりますが、再発させないためには原因となっている物質(アレルゲン)を除去する必要があります。

アレルゲンの特定は難しいので、詳細な生活環境の調査を行う必要があります。

【予防】予防接種と日々のストレス管理

ウイルス性鼻炎の予防には、定期的な予防接種が有効です。

予防接種のできないウイルスや細菌には、日頃からのストレスを避け、鼻の粘膜を刺激する物質にさらされる環境におかない事が大切です。

もし症状があらわれた場合には、早期治療が重要です。

犬 薬 通販TOP

似たような症状が出る他の病気

犬の熱中症(熱射病、日射病)

【症状】体温の上昇、パンティングが起こる 熱中症の症状には、息が荒くなる、ぐったりする、尿・便の失禁がみられます。 体温が41…

犬の肺動脈狭窄症

肺動脈狭窄症は、犬における先天性心臓病の発症件数調査で、国内外問わず上位5位に入るほど発生頻度の高い病気です。 プードル、コリ…

犬ジステンパーウイルス感染症

犬ジステンパーウイルス感染症とは犬ジステンパーに感染することにより発症する、死亡率と伝染性の高い病気です。 感染すると1週間ほ…

犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)

口腔内悪性黒色腫とは、口の中にできる皮膚がんの一種です。 メラノーマとは、メラニン色素を作る細胞メラノサイトががんになり、口腔…

犬の歯周病

歯周病は3歳以上の成犬の80%が持っていると言われ、口の中の病気で最も多い病気です。 歯垢に含まれる細菌が歯の表面に付着し、歯…

犬の悪性リンパ腫(リンパ肉腫)

【症状】下アゴの腫れに気付いて獣医師の元へ駆け込むことが多いです 悪性リンパ腫は体のどのリンパが腫瘍化するかによって症状が違い…

犬の副鼻腔炎

鼻腔周辺の骨に囲まれた空洞部を副鼻腔といいます。 鼻炎と同じような症状を示しますが、鼻炎より治療が困難で、完治が難しい疾患です…

犬伝染性肝炎

犬伝染性肝炎とは、犬アデノウイルス1型によって引き起こされるウイルス性の感染症です。 軽度のものであれば症状がなかったり、症状…

犬の心室中隔欠損症

心室中隔欠損症は先天性心奇形の中で最も頻度の高いものと言われています。 心室中隔欠損症が肺の病気や発達障害を引き起こす危険もあ…

犬の口内炎

口内炎とは口の中にある粘膜で炎症が起きている状態を指します。 人間の口内炎とは大きさが異なります。 【症状】食欲不振や口臭 口…

犬の角膜炎

犬の目は傷がつきやすくトラブルの起こりやすい部位です。 表面の黒目を覆っている透明な膜を角膜といいます。 角膜に炎症がおこる角…

犬のクリプトコッカス症

【症状】肉芽腫が鼻の穴にできて塞いでしまう クリプトコッカス症の症状としてはくしゃみや鼻水といった鼻炎の症状で、鼻水はドロッと…

犬の結膜炎

犬の結膜炎は、目の病気の中で最も多い病気です。 眼球の白目から瞼の内側を覆っている粘膜を結膜といいます。 その粘膜に炎症が発生…

犬の肺水腫

肺の中に大量の液体がたまり、ガスの交換が妨げられている状態を肺水腫といいます。 肺は血液に酸素を送り二酸化炭素を取り出すための…

犬の免疫介在性溶血性貧血(IMHA)

広義的には、薬剤誘発性溶血性貧血と同種免疫性溶血性貧血も含みますが、一般的には、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれていた病気を指しま…

犬の胃拡張・胃捻転症候群

【症状】えずいたり腹部が膨れだしたらすぐに動物病院へ 一刻を争う病気です 胃捻転・胃拡張症候群はGDVとも呼ばれる急性の病気で…

犬のトキソプラズマ症

【症状】無症状の場合が多いが妊娠していると流産の危険性も 一般的には感染しても無症状のままが多いのですが、発熱や筋肉痛と言った…

犬の僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜん)とは、心臓の弁が変形したり弁を動かしている腱が弱ったりして弁がうまく閉まらなくなっ…

犬の気管虚脱

気管とは、のどと肺を結ぶ器官で、呼吸しやすいように筒状の形をしています。 気管虚脱になると気管が押しつぶされ空気の通り道が狭く…

犬の拡張型心筋症

犬がかかる拡張型心筋症とは、心臓の筋肉である心筋に何らかの異常が起こり、心臓の働きが弱くなってしまう病気です。 心臓が肥大した…

犬の虫歯

犬の病気の中でも多いのが歯の病気です。 その中でも虫歯は他の様々な病気を併発しやすくなるので注意が必要になります。 歯石や歯垢…

犬のフィラリア症(犬糸状虫症)

【症状】感染から発症までは長いが急性の場合はただちに動物病院へ フィラリアという寄生虫の感染によって起こる病気ですが、感染初期…

© 2018 ペット薬(犬の薬)フィラリア予防薬個人輸入サイト|わんこのくすりやさん, All rights reserved.
Powered By NMS SERVICES CO., LTD
61 Praed Street, Dept400,London,England,W2INS

決済に関するお問い合わせは0345238753までお願いします